女性社長のお悩み相談専門
キャッシュフローコーチ岩田健一

トラブルの解決法は法律の外にあります

おすすめ記事

LINEで送る
Pocket

毎日ブログ生活1789日目

 

 

 

次男の読書感想文に向けて

「はれときどきぶた」を

読み聞かせしていました。

 

 

 

 

 

 

で、「えんぴつをてんぷらにする」

のくだりで私が爆笑してしまいました^^;

 

 

腹がよじれて

その後の音読が不可に^^;

 

 

 


 

 

 

閑話休題

 

 

 

 

 

知り合いの

ある経営者さんから

従業員から訴えの書面が来ている

という相談を受けました^^;

 

 

 

 

一旦トラブルが起きると、

私が出来ることは限られます。

 

 

 

最終的にドンパチやるときは

弁護士さんの領域です。

 

 

 

その前さばきのために

ヒアリングしました。

 

 

 

 

話をお伺いすると

ある日の朝、突然机の上に

訴えの書類が置いてあった

 

と言います。

 

 

 

しかも在職中の従業員です。

 

 

 

普通に考えると

ちょっとおかしいわけです。

 

 

 

ガチンコでやり合うつもりなら、

たぶん会社を辞めています。

 

 

 

氷山モデルを考えてみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

訴えがあった

というのは

できごとレベルの

話でしかありません。

 

 

 

 

でも、

この従業員が

会社を辞めずに

 

このタイミングで

この話をするということを

選択をしている

 

ということは、

なんらかの理由や背景があるはずです。

 

 

 

 

そして、ヒアリングを進めると

・この従業員はあまり話すタイプではない

・経営者がそもそも従業員とあまり話していない

ということが分かりました。

 

 

 

 

たぶん、彼は何かを

経営者に訴えたかったけれども、

自分から直接話せるほどの

距離感ではなかった

のではないかと想像しました。

 

 

 

 

氷山モデルだとこうです。

 

 

 

できごと・・・訴えの書面が置いてある

 

パターン・・・経営者と話せない

 

構造・・・経営者と従業員が話す場がない

 

 

 

 

 

ちなみに、

この経営者は

効き脳診断で言うとおそらく

A論理理性脳が強くて

C感覚友好脳が低いタイプです。

 

 

 

 

 

 

Aが強くてCが弱いタイプは

人の心とかは関係なく、

仕組みで解決しようとします。

 

 

 

 

ですから、おそらく

 

メンタルモデル・・・従業員と話す場を作るのは合理的ではない

 

という感じだったんではないかと思います。

 

 

 

 

私が提案したのは、

 

 

この従業員に頭を下げて、

話を聞く場を作ること

 

と、

 

 

定期的に社員の話を

聞く場を作ること

 

です。

 

 

 

 

 

従業員との

コミュニケーション量が

少ないのではないか

 

 

という私の指摘に

納得されているようでした。

 

 

 

 

 

 

今回の件に関しては、

この従業員が発しているメッセージは

話を聞いてほしい

ということだったと思います。

 

 

 

 

まずは話を聞く場を作ることで

きっと好転すると思います。

 

 

 

 

 

 

このようなトラブルが起きた場合、

効き脳A論理脳理性脳が強くて

C感覚友好脳が低い人は

法律によって解決しようとしがちです。

 

 

 

しかし、労使間で

法律を持ち出していいのは

最終最後の切り札です。

 

 

 

初めから法律を振りかざすと

確実に対立構造が深まります。

 

 

 

 

彼はたぶん法律の話を

聞きに来たのでしょうが、

私はそんな提案はしませんでした(笑)

 

 

 

 

トラブルの解決法は

実は法律の外にあるのです。

 

 

 

 

(今回の話は本人から

ブログにすることの

許可を得て掲載しています。)

 

 

 

 

それではまた明日~

 

 

 


ブログランキングに参加しています☆
是非↓を2つクリックご協力お願いします!

 

 

にほんブログ村 経営ブログ 人事労務・総務へ

 

いつもクリックありがとうございますm(_ _)m
クリックの応援を励みにこれからもがんばります。


お断り

事例を紹介する場合は、わかりやすさを優先し、また営業秘密の漏洩を 防止する観点からも、内容に一部改変を 加えている場合があります。

 

同様に、分かり易さを優先するために、 あえて正確な法律用語を用いていない場合があります。

 

LINEで送る
Pocket

脱☆ドンブリ経営
実践セミナー開催!!

「経営の主導権を自分で握りたい社長」や、「根拠のある数字目標を立てたい経営者の方」必見のセミナーです!
脱☆ドンブリ経営実践セミナーとは? セミナー開催日程・お申し込み

お問い合わせ

ニックネーム 女性社長のお悩み相談専門
キャッシュフローコーチ
住所 〒482-0042
愛知県岩倉市中本町中市場30-7-301
営業時間 平日9:00~18:00
ホームページ iwata-office.jp

コメントを残す

           

名前 岩田 健一
住まい 愛知県

Profile

会社の成長と社員の幸せの両方を大切にしたい社長に、 元信用金庫職員、元調剤薬局経理職のキャッシュフローコーチとして お金と人事のコンサルティングで 一流の誠実さを目指しながら
笑顔あふれるつながり作り、会社づくりに貢献する リレーションシップパートナーの岩田健一です。

お金と人事のコンサルティング 岩田事務所 所長

心理学科卒業、 元信用金庫職員、 前調剤薬局経理職の 社会保険労務士資格をもつ 「お金」と「人事」の 経営コンサルタント。

想いの言語化と 経営数字の見える化の コンサルティングを行なう。

プロフィールを読む            
search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss