儲かっているのに
お金が残らない
なぜなんだろう?

何を変えるか どう変えるか
わからない方は続きをご覧ください

キャッシュフローコーチでお金が残らない理由に肉薄

思い当たる『フシ』がありませんか?

  • お金の出入りは社長の頭の中だけで把握している
  • 会社の成長に伴い大きなお金が動くようになってきた
  • 利益が出ているのに手元にお金がない
  • 会計事務所の報告書はわかり辛いと感じる

『お金のブロックパズル』で、経営計画を策定

『お金のブロックパズル』で、新年度の経営計画『キャッシュフロー計画表』を策定します。その後、毎月、目標値と実績値を一緒に確認して、『Plan(計画立案)』『Do(実行)』『See(見直し)』のサイクルを確立させます。
2割程度の知識を学んでいただくことで、経営において8割間に合うようなノウハウが身につきます。

Free HTML5 Bootstrap Template

現状把握(1ヶ月目)

会社のお金の流れを、視覚的にわかりやすく表現した『お金のブロックパズル』という図に決算書の数字を当てはめて

  • どれくらいお金が入ってきて
  • どこにどれだけお金が出て行って
  • 最終的にどれくらい残っているのか?
といった、会社のお金の流れを図でビジュアル的に把握します。

キャッシュフロー計画表を策定(2か月目、3か月目)

『お金のブロックパズル』を利用して、新年度の年間数値目標を決定します。

まずは、キャッシュフローコーチが社長に以下のような質問をしていきます。
社長はただ受け身で自分がやりたいことを答えて頂ければ結構です。

  • 将来の投資のためにいくら残したいですか?
  • 万一の備えのためいくら必要ですか?
  • 設備投資はどうしますか?
  • 利益目標はいくらにしますか?
  • 人件費の計画はどうしますか?
  • 固定費の見直しはどうしますか?
…など

社長がやりたい事を積み上げた結果、新年度の年間売上目標が決定しますが、それがあまりにも高い売上目標になってしまった場合には何度も見直して、実現可能性の高い数値目標を決定します。
キャッシュフロー計画表に新年度の年間数値目標を細かく落とし込みます。

作成した新年度の年間数値目標をもとに、これを月別の12か月に展開(分解)した、A3の1枚のエクセルシート『キャッシュフロー計画表』を作成します。

毎月の進捗確認・課題解決(4か月目以降、毎月)

毎月一回訪問で、プラン・ドゥー・シーを高速回転
会計事務所からあがってくる毎月の試算表の数字を『キャッシュフロー計画表』に当社で入力し、毎月一回訪問して、社長とその『キャッシュフロー計画表』を確認しながら

  • 目標値に対する達成率はどうなっているのか?
  • 達成できていない場合、その理由は何か?
  • 前年度の実績に比べて今年度はどうなっているのか?
など、進捗状況を一緒に確認し、プラン(計画立案)、ドゥー(実行)、シー(見直し)の習慣を身につけてもらい、それを高速回転させていきます。
また、経営上の課題がある場合にはコーチングにより解決策を一緒に考えていきます。

社長に代わってレクチャーする
『社員向けお金のセミナー』

社長が直接社員に伝えにくい「会社のお金の流れ」と「社員の給料の関係」を分かりやすくレクチャーします。

Free HTML5 Bootstrap Template

社長が直接社員に伝えにくいお金の話をキャッシュフローコーチが第三者的に話すことによって

  • 自分の給料はどこから生まれているのか?
  • 給料を増やすためにはどんな働き方をすればいいか?
  • 利益はなぜ必要か?(社長の懐に入っている訳ではない)
など、会社のお金の流れと社員の給料の関係を家計にリンクさせてわかりやすくレクチャーします。
このセミナーにより、社員のモチベーションがアップし、お金に関して社長の目線に近づきます。

岩田事務所キャッシュフローコーチの特徴

主体はあくまでお客様という観点から、お客さまに寄り添い、より優しいコンサルティング・コーチングを心がけております。

盲点に気づいてもらう

Free HTML5 Bootstrap Template

「正す」「教える」という上から目線のコンサルティングではなく、社長が見落としていた「盲点に気づいてもらう」というスタンスです。
経営の意思決定における選択肢を提示し、落とし穴を回避させます。
経営の意思決定は我々が行うのではなく、あくまでも社長が全て行います。

わかりやすい

Free HTML5 Bootstrap Template

経済用語や現代用語など、理解しづらい言葉があふれている昨今、古参の経営者の方からは、意味がわからないといったお声も聞かれます。
岩田事務所では極力「難しい専門用語」は使わずにできるだけ噛み砕いた「わかりやすい言葉」を使って、お話を進めさせていただきます。

問題解決を一緒に考える

Free HTML5 Bootstrap Template

知識を習得し、ノウハウを吸収できても、実際の経験がなければ、即使えるようになるわけではありません。十分な経験を積んでいただき、活用できる下地が整うまで、知識やノウハウを全て教え込むという目線ではなく、常に社長のお困り事にフォーカスし問題解決を一緒に考えます。

キャッシュフローコーチのスケジュールについて

キャッシュフローコーチのスケジュールについて

岩田健一 プロフィール

岩田健一 岩田事務所は、愛知県岩倉市にて平成26年8月に開業しました。
20歳のときに、「いつか何かで開業したい」と思い、今まで研さんに励んでまいりました。開業時にはお金に関する知識が必要だろうと思い、大学卒業後に信用金庫に入職しました。
信用金庫では、お金や金融に関する基礎知識や、融資のために決算書を読む技術を習得しました。
その後、決算書・資金繰り予測を実際に作成し、実際の経営に役立てるための勉強をするために、調剤薬局・介護用品レンタル業の経営会社の経理・労務担当に転職いたしました。
また、経営に役立てるように社会保険労務士ファイナンシャルプランナー等さまざまな資格を取得し、知識を蓄えてまいりました。
今まで習得してきた知識・知恵・経験を活用し、より多くの方のお役に立ちたいと思い、この度独立開業いたしました。
また、私も一社長として、経営に悩み、さまざまなストレスを感じる毎日です。この私自身の経験から、社長様のストレスの中でも、「カネ」と「ヒト」に関する悩み・ストレスを少しでも軽減できるような経営サポートをしようと決心しました。本業以外のストレス(「カネ」と「ヒト」に関するストレス)を軽減することにより、社長が本業に専念できるようにサポートいたします。
「深く関わる」「必ず役に立つ」という覚悟で、あなたの経営パートナーとして積極的にサポートします。
まだまだ小規模な事務所ではありますが、熱心さ誠実さを武器に、必ずあなたの役に立ちます。
頼りになる経営の参謀(社外№2)が欲しい社長様は是非一度ご相談ください。