女性社長のお悩み相談専門
キャッシュフローコーチ岩田健一

「人を増やせ」という社員には「お金の教育」が有効です

おすすめ記事

LINEで送る
Pocket

毎日ブログ生活1780日目

 

 

 

毎回見に行っている

日本美術院展の審査員側の方が

ある写真のモチーフを盗作した

ということで謹慎処分になった

という記事が新聞に載っていました。

 

 

 

画風が現代風で

ファンも多い方ですので

少し残念です。

 

 

 

注意されるようなことを

してしまったのには

いろんな背景があるでしょうから

一概にこの方が悪かった

とは言いませんが、

 

院展ファンにとっては

この方の作品が見られなくなるのは

非常に残念です。

 

 

 


 

 

 

閑話休題

 

 

 

先日、ある経営者が

 

現場から「人員不足」

と言われるけれど、

 

ただただ「不足している」

って言うだけなら

誰でもできる。

 

 

きちんと不足の理由を

説明してほしいし、

 

どうすれば増員した分の

人件費をねん出できるのか

その対案も出してほしい。

 

 

無尽蔵にお金が

あるわけではないんだから。

というようなことを

おっしゃっていました。

 

 

 

 

現場からすれば

人が足りないというのも分かるし、

社長の言い分も分かります。

 

 

 

 

私が信用金庫にいたころは

さんざん人が削られまくって、

 

そのくせコンプラという名の

銀行の保身のための書類が

膨大に増えていって、

 

(生産性のある)仕事らしい仕事が

ぜんぜんできませんでしたから。

 

 

 

 

しかし、自分自身が

経営者という立場になると、

 

人件費や社会保険料の

負担の重さ、

 

そして何より

従業員とその家族の生活を

背負っているという

負担の重さを感じています。

 

 

 

 

この認識のずれは、

社長も従業員も

お互いに1つのできごとを

自分の視座でしか

考えられないことによって

起っています。

 

 

 

 

現場という1つの

事実を見たときに、

 

経営者は収益や利益の

側面から見がちで、

 

従業員は自分たちの労働の大変さ

という側面で見がちです。

 

 

 

 

そりゃ相容れないです。

 

 

 

この場合、

経営者側ができるのは

従業員側の視座の転換です。

 

 

 

どうやってやるのか。

 

 

 

一言で言えば

情報の開示

です。

 

 

 

何を開示するのかといえば、

会社の経営情報、

すなわちお金の情報です。

 

 

 

まあ、

やみくもに開示すればいい

っていうわけではなく、

準備や手順は必要です。

 

 

 

情報を開示する前に

教育も必要です。

 

 

 

どんな教育かと言えば、

会社のお金の流れが

簡単にある程度把握できる

教育です。

 

 

 

これが会社のお金の流れを

図式化したお金のブロックパズル図です。

 

 

 

従業員に伝えなければならないことの

要点だけをとりあげると、

以下のようになります。

 

 

 

従業員に支払うことが

できる給料のお金の出どころは

粗利であり、

 

粗利の中から

従業員に分配できる

給与総額は業種によって

ある程度決まっている。

 

 

給料の総額が決まっている

のであれば、

従業員を雇えば雇うほど、

1人当たりの給料は安くなる。

 

 

人員を増やすのは構わないが、

それは自分の給料を

減らしてください

と言っているのと変わらない。

 

 

 

給料を変えずに人員を

増やしたいのであれば、

会社の収益である粗利を

増やさないといけない。

 

 

 

 

 

これを企業研修で伝えても

まだやみくもに

「人員を増やせ」と言ってくるなら

その人の給料の減額と引き換えに

人員を増やす提案をすればいいです。

 

 

 

この知識を従業員側が持てば、

生産性の悪い従業員を何とかしよう

という発想も出てくるでしょう。

 

 

 

 

「人を増やせ」

「給料を増やせ」

と両方行ってくる人には

「営業してこい」

と言えるでしょう。

 

 

 

 

それではまた明日~

 

 

 


ブログランキングに参加しています☆
是非↓を2つクリックご協力お願いします!

 

 

にほんブログ村 経営ブログ 人事労務・総務へ

 

いつもクリックありがとうございますm(_ _)m
クリックの応援を励みにこれからもがんばります。


お断り

事例を紹介する場合は、わかりやすさを優先し、また営業秘密の漏洩を 防止する観点からも、内容に一部改変を 加えている場合があります。

 

同様に、分かり易さを優先するために、 あえて正確な法律用語を用いていない場合があります。

 

LINEで送る
Pocket

脱☆ドンブリ経営
実践セミナー開催!!

「経営の主導権を自分で握りたい社長」や、「根拠のある数字目標を立てたい経営者の方」必見のセミナーです!
脱☆ドンブリ経営実践セミナーとは? セミナー開催日程・お申し込み

お問い合わせ

ニックネーム 女性社長のお悩み相談専門
キャッシュフローコーチ
住所 〒482-0042
愛知県岩倉市中本町中市場30-7-301
営業時間 平日9:00~18:00
ホームページ iwata-office.jp

コメントを残す

           

名前 岩田 健一
住まい 愛知県

Profile

会社の成長と社員の幸せの両方を大切にしたい社長に、 元信用金庫職員、元調剤薬局経理職のキャッシュフローコーチとして お金と人事のコンサルティングで 一流の誠実さを目指しながら
笑顔あふれるつながり作り、会社づくりに貢献する リレーションシップパートナーの岩田健一です。

お金と人事のコンサルティング 岩田事務所 所長

心理学科卒業、 元信用金庫職員、 前調剤薬局経理職の 社会保険労務士資格をもつ 「お金」と「人事」の 経営コンサルタント。

想いの言語化と 経営数字の見える化の コンサルティングを行なう。

プロフィールを読む            
search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss