女性社長のお悩み相談専門
キャッシュフローコーチ岩田健一

「やってはいけない資金調達!」トップ3

LINEで送る
Pocket

毎日ブログ生活1586日目

 

 

 

あるコンサル仲間から

 

 

ここのところ、

岩田さんのブログを参考にしたり、

励まされたりしてるので、

お礼を言いたくてメッセしました^^

 

(中略)

 

それに、岩田さんのブログから、

「孤立しないこと」が

本当に大事だと思いました。

 

(中略)

 

ありがとうございます^^

これからも楽しみにしています^^

 

 

というメッセージをいただきました^^

 

 

 

私の方が励まされました^^

 

 

 

毎日読んでくれている読者が

最低2人いることは分かっていましたが、

 

その2人を思い浮かべながら

いつも書いていますが、

 

なかなか他の方から

直接コメントいただくことはありません。

 

 

 

毎日ある意味修行だと思って書いていますが、

書いてきてよかったなと思う瞬間でした。

 

 

 

あなたも孤立しないように、

ZOOM雑談会参加してみませんか?

 

 

 

(主に経営者の)孤立を防ぐために

ZOOM雑談会を企画しています。

 

 

 

お酒片手でも結構です。

ゆるくやりましょう^^

 

 

 

もし希望があれば、

アドバイスできることは

させていただきます^^

 

 

 

申込フォームはこちら

 

無料ですが、ZOOMのURLを

お送りするために申込制としています^^

 

 

 

完全無料で商業意図も

売り込みも一切ありません。

 

 

 

今自分に出来ること

を考えた結果、

こういう形にしました^^

 

 

 


 

 

 

閑話休題

 

 

 

散々融資を受けて資金調達しよう

という話をしていますが、

 

やってはいけない

資金調達もあります。

 

 

 

 

今日は、このタイミングでは

危険な資金調達法だと

私が思っているもの3つお伝えします。

 

 

 

 

1.税金・社会保険料の支払猶予

2.手形小切手の支払猶予および手形の発行

3.生命保険の解約

 

 

 

 

この中でも特に1と2は

絶対にやめましょう。

 

 

 

 

1と2は麻薬のようなものです。

 

 

今は楽でも、

あとから襲いかかってきて

結局会社を死滅させます。

 

 

 

 

 

 

1.税金・社会保険料の支払猶予

 

 

 

これは、免除ではなく猶予です。

 

 

 

結局あとから支払を催促されます。

 

 

 

特に、社会保険料は

毎月かかってくるわけですし、

従業員からの預かり部分もあります。

 

 

 

これに手をつけたら最後、

最終的には社会保険料の

支払いが出来なくなり、

会社が死滅します。

 

 

 

税金や社会保険料は

倒産しても自己破産しても

支払義務が残ります。

 

 

 

破産したらチャラになる

民間の融資とはわけが違います。

 

 

 

前述しましたが、

社会保険料の支払い猶予するのは

麻薬に手を出すことと同じです。

 

 

 

 

 

 

社会保険料猶予を受けるぐらいなら、

その分の融資を受けましょう。

 

 

 

現在のコロナ対策融資は

非常に条件が良いものが多いです。

 

 

 

利子補給も保証料補助もあるので

実質的にほぼノーコストで

調達できます。

 

 

 

しかも、万が一つぶれた際には

自己破産すればチャラになりますwww

 

 

 

 

2.手形小切手の支払猶予および手形の発行

 

 

 

 

ちょうど昨日、

金融庁と日銀の要請を受けた

全国銀行協会が

 

 

手形小切手による不渡りを

当面猶予する

と発表しました。

 

 

 

 

手形小切手の不渡りって

経営レベルとしては

かなり重い状態で、

 

事実上の倒産

 

とみなされています。

 

 

 

仮に不渡り猶予になるからと言って

支払をしなかった場合、どうなるでしょうね。

 

 

 

不渡り処分しなかったとしても、

銀行としてそんな会社信用してくれますかね?

 

 

 

当然取引銀行は不渡りにならなくても

その事実を知ることになります。

 

 

 

次から貸してくれると思いますか?

 

 

 

不渡り猶予するぐらいなら、

きちんと借入して

支払いをした方が良いです。

 

 

 

おそらく、どこか取引先が

資金調達出来なかった際の

連鎖倒産を防ぐための

緊急措置だと思われます。

 

 

 

万が一、

取引先から入金がなかった際は

やむを得ない部分もありますが、

 

速やかに借入を起こして

早期に支払いをしましょう。

 

 

 

 

あと、この期に及んで

手形を発行するのは1と同じく

麻薬に手を出すことに近いです。

 

 

 

手形を結局不渡りにして

倒産するだけです。

 

 

 

そんな安易な資金調達ではなく、

きちんと融資を受けましょう。

 

 

 

 

3.生命保険の解約

 

 

 

これは、上記2つとは毛色が違います。

 

 

 

 

今解約するともったいない

可能性が高いので、

 

焦って解約することは

やめましょう

 

ということです。

 

 

 

解約返戻金がある保険の場合、

その解約返戻金を担保にして

借入を起こすことができます。

 

 

 

そして、コロナの現在、

 

 

多くの保険会社は

その貸付金の利子を無利子にしています。

 

 

 

 

 

生命保険を一旦解約すると、

 

 

解約返戻金の減少

 

再契約時に年齢が

上がっていることによる

保険料のアップ

 

健康状態による再加入不可

 

 

などのデメリットが

非常に多いです。

 

 

 

生命保険は契約の途中で

保険料の金額を下げたり、

支払期間を終了させたり

することができる商品もあり、

 

結構柔軟性の高い金融商品

 

です。

 

 

 

解約は最終手段ととらえて、

契約を継続させる方法はないかを

担当者によく確認して、

できるだけ温存するようにしましょう。

 

 

 

参考

保険会社一覧

 

 

 

 

以上、やってはいけない資金でした。

 

 

 

 

もし、こうした情報を見て

もう少し聞いてみたいなと

思った方は

ZOOM雑談会へどうぞ^^

 

 

 

 

4月24日金曜日夜18時30分に

お待ちしております^^

 

 

 

 

 

以下、令和2年4月19日追記

 

 

このブログを読んだ方より

番外編として

 

闇金、ノンバンク

 

という選択肢をいただきました。

 

 

 

 

納得です^^;

 

 

そもそも私の選択肢の中に

ありませんでした^^;

 

 

 

闇金はウシジマ君を

思い浮かべれば分かりますよね^^;

 

 

 

ノンバンクは、

金利が高すぎるので

おそらく返済は厳しいです。

 

 

 

あと、消費者ローンを

事業に転用するのもアウトです。

 

 

 

そもそも資金使途として

事業性の資金に転用することが

禁止されていますし、

金利が高すぎて返せません。

 

 

 

闇金はもちろん、

ノンバンク、消費者ローンに

手を出すことを考えるぐらいなら、

廃業した方がマシかもしれません。

 

 

 

それではまた明日~

 

 

 

 


ブログランキングに参加しています☆
是非↓を2つクリックご協力お願いします!

 

 

にほんブログ村 経営ブログ 人事労務・総務へ

 

いつもクリックありがとうございますm(_ _)m
クリックの応援を励みにこれからもがんばります。


お断り

事例を紹介する場合は、わかりやすさを優先し、また営業秘密の漏洩を 防止する観点からも、内容に一部改変を 加えている場合があります。

 

同様に、分かり易さを優先するために、 あえて正確な法律用語を用いていない場合があります。

 

LINEで送る
Pocket

脱☆ドンブリ経営
実践セミナー開催!!

「経営の主導権を自分で握りたい社長」や、「根拠のある数字目標を立てたい経営者の方」必見のセミナーです!
脱☆ドンブリ経営実践セミナーとは? セミナー開催日程・お申し込み

お問い合わせ

ニックネーム 女性社長のお悩み相談専門
キャッシュフローコーチ
住所 〒482-0042
愛知県岩倉市中本町中市場30-7-301
営業時間 平日9:00~18:00
ホームページ iwata-office.jp

コメントを残す

           

名前 岩田 健一
住まい 愛知県

Profile

会社の成長と社員の幸せの両方を大切にしたい社長に、 元信用金庫職員、元調剤薬局経理職のキャッシュフローコーチとして お金と人事のコンサルティングで 一流の誠実さを目指しながら
笑顔あふれるつながり作り、会社づくりに貢献する リレーションシップパートナーの岩田健一です。

お金と人事のコンサルティング 岩田事務所 所長

心理学科卒業、 元信用金庫職員、 前調剤薬局経理職の 社会保険労務士資格をもつ 「お金」と「人事」の 経営コンサルタント。

想いの言語化と 経営数字の見える化の コンサルティングを行なう。

プロフィールを読む            
search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss